オールドピューニー

アクセスカウンタ

zoom RSS 卓球の思い出

<<   作成日時 : 2010/09/06 14:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

 アメリカはテーブルテニスは主なスポーツでない。オフィスに卓球台を入れて卓球をするとか遊びの一種である。なかなか卓球をする機会がない。個人的には寂しい。大学時代に使用していたラケットを今も持っている。大切にしている。私は私なりに部活動で頑張ってきた。強いか弱いかは基準によりかなりかわる。

 私が中学の時はとても上手な人ばかりだった。中学一年の時卓球が好きで入部した。60人ぐらいはいただろうがしごかれ人数が少なくなってきた。トレーニングが大変きつく、1年生の時は玉ひろいばかりだった。実力はなく2軍の補欠見たいな立場だった。だが卓球がとても好きだった。

 高校にはいるやいなや、また卓球部に入部した。弱いなりに一生懸命に練習した。豊岡市民体育館があって週2回夜7時から9時まで練習していた。8月に新人戦があった。私は1年生で参加した。1回戦、2回戦勝ち抜き、3回戦も勝った。ベスト8に残った。参加者は大体140人ぐらいだったが、必死でやったらベスト8になった。

 その後シードを守ったが、高校2年生の時にも兵庫県大会にでた。このときは一回戦を勝ち、2回戦も勝った。県大会に2回勝てばベスト32になった。私の学校の地区は但馬であるが、なかなかベスト32まで行くものがいないが何とか勝てた。

 次の相手が洲本の強い相手あった。県の中でもベスト4の実力者だった。私は胸を借りるつもりで挑んだ。緊張していたが第1セット取った。第2セット目洲本の後輩達があせって急に応援し始めた。やっぱり凄いなと思いながら戦っていた。第2セットは軽々取られてしまった。

 やっぱり強いなと思っていたが第3セット意外と食いついていった、そして自分がリードした。20−17でマッチポイントを私が握った。自分でも凄いと思いつつここで、対等に戦っても勝てないなと思ったので、騙すことにした。下回転をつけた振りをしてあまりかけなかった。最後オーバーミスをしてくれた。

 私は勝ってベスト16になった。

 翌日次のお相手が決まったが、私の一番苦手な速攻タイプであった。しかし勝ちたかったのでベストを尽くした。今覚えているのは第3セット30−30まで戦った。ここで勝てばなんと県大会でベスト8に入れる、と頭に浮かべながら戦ったが敗れてしまった。よき思い出である。

 大阪の大学に進学しても卓球部の入部した。日大、近大に受かっていたがどうも強すぎるので補欠ばかりになりそうだったし、東京は遠いので関西にした。近大のほか大工大に受かったので早速入部した。

 私が入部した時は関西リグーグの6部中の4部であった。6項で戦う。大学1年の時はとにかく先輩に従っていった。2年になると副将の立場になった。次期主将である。3年生の時にみんな頑張ってくれて3部に昇格した。3部の2位まで勝ち上がった。

 次の代で2部に昇格したがやはりどこの学校も強い。維持するだけでも大変だったようだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
うらやましいです。
私、スポーツ苦手なんで…
アーヤ
2010/09/22 22:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
卓球の思い出 オールドピューニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる