オールドピューニー

アクセスカウンタ

zoom RSS 但馬の高校駅伝大会

<<   作成日時 : 2011/01/11 15:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 私は高校時代陸上部でもなかった。しかし、1年生、2年生の時に駅伝の代表として選ばれた。42,195キロメートルを7人で走りぬく。


* 1区  (10km)
* 2区  (3.0km)
* 3区  (8.1075km)
* 4区  (8.0875km)
* 5区  (3.0km)
* 6区  (5.0km)
* 7区  (5.0km)


 この代表に選ばれた。1年の時は若いし、初めてだったので、第2区の3キロのやや下り坂を走った。このときは日所に足も動き快調だった。2人抜いた。11校参加した中で区間の2位だった。

 皆も、先輩もおどろいでとても祝福してくれた。自分もとても嬉しかった。

 2年の時は7区の5キロのコースだった。私の卓球部の先輩も5キロを走った。この先輩はとても早い。トレーニングで10キロのコースを走るが、いつも追い抜けなくて早く追い抜きたいと思ってた。先輩からバトンをもらった時は3位であった。皆は県大会の夢を抱いていてその夢がかないそうな雰囲気であった。

 全ては私の走りにかかっていた。みんなの県大会の夢を背負って走った。

 意外とみんな早い、みんなとペースを合わせたが早すぎだった。少しオーバーペースだったが忍耐していた。次第に1人抜かれ、オーバーペースがたたり少しペースダウンした。もう1人抜かれた。苦しくて死にそうだったが足を動かした。肺が爆発しそうだったが足を動かした。

 しかし、アンカーで走る人たちは2,3番目早い人がおかれるひ、勝負強い人が走る。そんな中で言い訳しているが、走ったのだから仕方がないと思う。

 走り終わったら。頭の中が ” 悔しいー” でいっぱいだった。たくさん泣いた。ところが先輩が時間を見て ” お前、俺より早い ” といった。それだけが救いであった。今まで抜けなかった先輩より早かった。

 結果的に県大会の夢は消えた。残念。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
但馬の高校駅伝大会 オールドピューニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる