オールドピューニー

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本語の教科のある高校

<<   作成日時 : 2014/11/01 03:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 私の娘が話してくれました。一日だけ日本から来た高校生と日本語でお話したと非常に感動していました。

 日本の高校の交流がこの娘と息子が行ってる高校にはあり、もうすぐやってくるそうです。

 この高校には日本語の教科があります。他の高校は日本語の教科はあるのかと尋ねましたら、そんなにないと言ってました。日本には英語は必ずありますが、アメリカの高校では日本語の教科のあるところは多くないそうです。具体的な数字を調べましたが分かりませんでした。

 カルフォルニア州の高校は約2,000校あります。このロスアラミトス高校はランクでは180でした。上位の1%にはゴールドが付けられ、9%にはシルバーが付けられます。ロスアラミトス高校はシルバーの高校になってます。

 この高校に日本語の教科があるのは非常にラッキーだったと思います。日本語を教育の教科に入れて、子供たちが勉強したい教科になっているのでしょう。日本語の重要性が高いという事でしょう。

 私は子供が小さい時は日本語を学ばさせませんでした。ロサンゼルスには日本語の専用の学校があります。そして駐在のご主人を持つ家庭でアメリカに滞在中にも子供たちの教育は必要ですのでそのための学校があります。

 学費が高いという理由と、アメリカで生まれたのでアメリカの教育をまず受けさせてやりたかった理由で行かせませんでした。

 勉強の内容も難しいので、途中でやめてしまう子供もいます。ですから私はアメリカの教育をまず受けさせたかったので、そんなに重要だと思いませんでした。

 日本語は本人が勉強したいと思えば勉強すると思ってました。

 でもそんな環境に恵まれて非常にラッキーだったと思います。昨年豊岡に帰った時に印象をよくしてあげるのにどりょくしましたね。嫌いになってしまったら大変です。自分から娘も息子も日本語の教科をとってくれたのでありがたいと思ってます。

 知人に母親が日本人を持つ子がいますが、その子は日本語の教科をやめてしまいました。子供が日本語を勉強してくれるのはありがたいものです。

 私達は私と妻と両方が日本人です。そして私達は英語がうまくないので子供たちには日本語で話ししています。子供はもちろん親には英語で話します。

 日本語の理解は高く、成績にもかなり有利にはなってます。

 我が母校もアメリカの学校の交流があればと願ってます。娘が私の母校の英語の教師になってくれるかなとも考えています。日本人の英語ははっきり言いまして限界があります。私の友人で日本で英語の教師に英語を教えていた人がいました。やはり限界を訴えていました。

 ですから娘が英語の教師になれば貢献できるかなとも思いました。



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本語の教科のある高校 オールドピューニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる