オールドピューニー

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカ認定のGATE(Gifted and Talented Education)

<<   作成日時 : 2016/02/22 14:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



幼児教育ぽーたるさいと http://www.sehimiry.com/yougosyu_gifted.html

 
ギフテッド (Gifted)は先天的に平均よりも顕著に高い能力を持っていることである。
その傾向は誕生時から生涯にかけて見られる。
世間的な成功を収めることではなく、学び方の素質や生まれつきの学習能力を持つことを指す。

ギフテッドを英才児、優秀児、天才児などと訳すが、日本では「飛び級できるような賢い子」という一面でしか捉えられておらず誤解が生じているため、本項ではギフテッドと称する。

タレンテッドという言葉もギフテッドと併用され、これらへの教育をギフテッド・タレンテッド教育 (GATE, Gifted and Talented Education) などと言う。
ギフテッドが全般的、学術的な才能を指すのに対し、タレンテッドは芸術的な才能を持つ者を意味する。




 私の息子は小学校2年生の時にアメリカ認定のGATE(Gifted and Talented Education) 生徒に認定されました。

 初めに先生からの推薦があります。先生の推薦がないと駄目なのですね。そしてGATE(Gifted and Talented Education)の為の色々なテストを受けます。そのテストに合格するとGATE(Gifted and Talented Education)生徒に認定されます。

 息子は小学校の2年生の時に認定を受けました。

 GATE(Gifted and Talented Education)生徒は普通の生徒と観点、考え方、受け止め方、取り組み方が違い、クラスでは孤立してしまう事もあるそうです。

 息子はイエローカードをよくもらってました。先生から注意を受けて聞かないとイエローカードをもらいます。そのカードは持って帰って両親に見せて、両親がサインするようになっています。息子は毎週のようにしてもらってました。

 ある時にレッドカードをもらいました。

 レッドカードをもらって、息子は怒って外に捨ててしまいました。私達はGATE(Gifted and Talented Education)生徒の認定のお知らせと同時に注意を受けました。

 校長先生に私と妻が呼ばれました。そして、校長先生と4人の先生とともにお話を聞くことになったのですね。妻は泣いてしまいました。

 GATE(Gifted and Talented Education)生徒の専門の人に頼んだら良いという指導を受けましたが、私は結果的にしませんでした。とにかく言うことを聞かない子でした。

 私は妻に送り迎えをしてもらっていたのですが、息子が二年生の時から私が子供を送るようにしました。それでだんだんと良くなってきていました。先生も認めてくれていました。

 GATE(Gifted and Talented Education)の子はよく理解してあげて教育しないといけないと思います。普通の生徒と同じように考えているととんでもないことになると思います。

 息子は現在15歳になりました。GATE(Gifted and Talented Education)生徒の認定を一度受けると一生涯、認定になります。




にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメリカ認定のGATE(Gifted and Talented Education) オールドピューニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる