オールドピューニー

アクセスカウンタ

zoom RSS 幸せになりたいと思っても幸せになれない

<<   作成日時 : 2016/08/14 14:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 皆、幸せになりたいと思ってます。でも幸せですか? と聞かれた時に、ハイと答えられない人の方が多いと思います。

 何を持って幸せなのかというのも、一人一人の価値観にも関係します。お金に価値を置いている人はお金を得ることで幸せと感じますが、お金でないという人はお金を持っていても幸せではないです。

 私達の価値の追求は続いています。より高い価値を求めようとしています。しかしその価値の物を得ることが出来ないでいます。ですから幸福を感じることが出来ないと思われます。

 私の日常の体験からです。

 私の幸福は一番最後に決めれば良いかなと思ってます。私が死ぬ時にとっても幸せだと思えば良いわけです。そうすれば、色々あったとしても、悪いことがあったとしても、苦しいこともあるでしょうが、最後に幸せだったと言える人生にすれば良いのですね。

 自分にとって良いことも、自分にとって悪いことも色々ありますが、全て良しとする秘訣があります。これはとっても難しいことですが、その秘訣を書いてみようかと思います。

 それは、神という存在を見出し、私が感じることが出来れば良いのです。

 感謝という言葉あります。感謝できることは誰でも感謝できますが、感謝できないことを感謝するという事をいわれていて、日常の生活で感謝しないといけないと言われているわけです。

 宗教でも何でもないのですが、この感謝という言葉は何処から来るのでしょうか?

 良いことと遭遇するのは誰でも感謝できることですが、悪いことと遭遇した時にどのように感じてどのように考え、そして感謝できるかという事を考えた時に、自分の世界だけでは感謝という思いが出てこないというわけです。

 悪いことに遭遇した時になにか見えない何者かを感じる、そこに何か愛を感じることができる、大きな存在があり、私の事を全て知っていて、そのような環境、悪いことに遭遇するには何かの意味があり、それを感謝して抜けて欲しいと願われている存在があるというのです。

 その存在は私達には干渉できないご事情を持ち、自分で越えさせなければならないご事情があり、私達の苦しみ以上に苦しみを感じているそんなぞんざいがあると知るなら、自分の力で感謝して越えたいと思うようになるのです。

 そんな、見えない、存在に遭遇することが、私達の最大の幸福に繋がると私は感じています。

 それが神という存在でしょう。人災は加害者がいます。そして自分が被害者になれますが、天災は加害者が天になります。天を怨むことができないので、受け入れるしかありません。

 津波で多くの人がお亡くなりになりました。これをどのように考えればよいでしょうか?人間の仕業ならその人を責めれば良いのですが、天災なので誰も責めることもできないですね。

 受けた状況を如何に受け止めるか?

 日本人の素晴らしいのはそれを越えることが出来たという事です。そして世界に多くのインパクトを与えました。日本人の素晴らしさも知ることが出来ました。感動します。

 見えないものとの関係なしには幸福は訪れないと思われます。


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
幸せになりたいと思っても幸せになれない オールドピューニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる