オールドピューニー

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカの卓球

<<   作成日時 : 2013/06/16 00:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0




 ここアメリカでそんなに本格的に卓球はしてこなかったんですが、マイナーのスポーツなので卓球場が非常に少ないですね。基本的に白人は卓球しないです。卓球=娯楽という感じでしょうか。スポーツではないですね。仕事の合間にちょっと卓球みたいな感じです。

 健康の為にアメリカではジムがあります。そこでいろいろ汗を流して自分の健康を維持してゆこうと多くの人は考えます。卓球もそれに娯楽感覚を加えたものですね。

 卓球場に行きますが、白人がほとんどいません。白人といってもヨーロッパから来た人達がほとんどです。ヨーロッパでは卓球は盛んですね。卓球してきた経験のある人達がアメリカで卓球しているようです。

 それから驚いたのは黒人が卓球するのです。すごい体を持った黒人があの小さい玉を追って卓球しているのですから少し奇妙に思えます。黒人のイメージはバスケットボール、野球、アメリカンフットボール、陸上とかばねの強い人間の有利なスポーツが多いですが、卓球はそんなスポーツでないですね。

 ですから卓球している姿を見ますと少しこっけいに見えます。

 玉の速さはやはりパワーに満ちていますね。小技がだめみたいです。現在行っている卓球場には一人70代の黒人のおじいさんが来ています。年齢もあってそんなにパワーがないですがうまく打ってます。

 一番多いのが移民してきた中国人とか、アメリカで生まれた中国人ですね。今回の世界卓球で驚かされたのはブラジルの強さです。ブラジルには日系の二世が多いのですが、その選手が結構強いのが目に留まりました。アメリカでも中国系の二世が強いです。日系の人もいると思います。

 私が行っている卓球場は95パーセントがベトナム人ですね。ベトナムから難民で流れてきた人達とその子供たちのようです。非常に苦労してきた人達ですね。その人達と卓球を楽しんでいます。

 アメリカには一人一人ランクがあるのです。私は試合にも出てなく、とくに今はランクはありません。一般の人達にいたるまでランクがついているのは興味深いです。

 本格的に初めて3ヶ月がたちました。年齢もあってもう昔のようには動けません。両ハンドで打ってゆくことが必要になってきました。バックを課題に頑張っています。ほとんどホワーハンドで打つ昔のタイプはいません。シェークハンドなので両ハンドを使ったほうが有効的ですね。99パーセントがシェークハンドです。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメリカの卓球 オールドピューニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる