オールドピューニー

アクセスカウンタ

zoom RSS 非常に好評のオーブ写真 豊岡で写したもの

<<   作成日時 : 2013/10/15 03:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


 私が初めてオーブの写真をとったのは、先回豊岡に帰った時でした。夕方実は私達はコウモリを発見しました。私の家から出入りしていたのですね。地面は黒く汚れていました。コウモリの糞です。

 私達はコウモリを写真に撮ろうと思ってカメラを向けてシャッターを押してフラッシュして撮りました。私達はコウモリを写すのが目的でしたから、なんとか撮ろうとしてました。ところがその中の一枚になんだか知らない丸い光が写ったんです。それがきっかけですね。

 この現象の意見が様々あってある人はホコリが写ってる、水滴が写ってる。それで実験した人もいます。確かに同じようなものが写ります。でも私にはとても考えられないんです。フラッシュするときだけ今のところ写ってます。状況を説明しますと、夕方から夜に写ります。室内では写らにですね。何回か実験してみましたが写りません。フラッシュする光が強くて後ろに写っている壁の明るさで消えてしまうのでしょうか?それはわかりません。

 豊岡は、日本はとてつもない厚さでありました。湿気はないとはいえませんが写真に映るような霧を吹いた様な大きい水滴は感じられませんでした。風もやや吹いていたと思います。

 先回の記事はロスで撮りました。ご存知のようにロザンゼルスの空気の乾燥状態は異常なほどです。毎年山火事が多いでしょう。これは空気が異常に乾燥しているためです。そしてホコリはありません。空気は澄んでいて風もやや吹いていました。こんな状況な中で水滴によるものだとか、ホコリによるものだとか考えられないのですね。

 中にはとっても明るい丸いものもあります。反射の感じもホコリではあんなに明るく反射しません。ということで私はホコリとか水滴で収めてしまうのは納得行かないのです。そうであればもっと頻繁にとれてもよいですし、そんなに珍しいものでもありません。

 ということで、今回は豊岡の実家で撮ったオーブと、先回公開する前のオーブの写真を公開します。






これは私の故郷で写した写真です。


画像



画像



画像



画像







にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村





これはロスの自宅で撮りました。


画像



画像



画像



画像



画像



 デジカメが2台あるんですが、結果は同じでオーブが写ります。はじめは新しくかったデジカメのせいかと思いましたが、そうでもありませんでした。先回の記事でのオーブは10月4日にとったものですね。その日から更に撮れましたのでまた記事に致します。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
大変にご無沙汰してます。私の得意な分野に話が及んだのであわてて、出て参りました。ギフテッドカテゴリーでも記事を書くなくはないですが(これも何もよしおさんのおかげですが。)私は、どちらかと言えば私たち親子はギフテッドとオカルトおよびスピリチュアルですね。
写真はどなたが撮ったのかによります。
歴史をつぶさに見つめてきた町には、フワフワと漂っているものです。霊的現象を引き寄せやすい体質の人には当然写り混むことになります。
優子
2013/10/19 00:21
 優子さんお久しぶりです。お元気そうですね。  優子さんの得意分野なんですか?驚きました。これは私が撮りました。今は夕方、夜写しますと大概は写ります。  フラッシュの時に肉眼でも瞬間的にカメラの前にキラキラしたものが見えます。カメラから10センチもないでしょうか。毎回見ます。

感じとして私に付いて来ているようにも思えてなりません。
yoshio
2013/10/19 02:59
そうですね、まるで何をしているのかと覗きこんでいるかのようですね。酷い人になると有名な観光地では、撮りたい対象が全く見えない写真ばかりが出来上がり(吹雪きか!)とる人によっては迷惑この上ない話になります。家族にこのタイプがいますと、絶対にカメラを持たせてはもらえませんね。
よしおさんも、心優しい人だからいろんなものを、しょいこんでしまうのでしょうね。
優子
2013/10/19 09:23
 霊は色々あって、私が開放して上げるものですから寄ってくるように感じます。そんな傲慢な!と思われるかもしれませんが、霊って苦しい霊が来ると同じような苦しい気持ちになるのは感じるんです。苦しめるみたいです。

 そんな時同じように間違わないで感謝して、私が超えるとその霊も開放されてゆくようです。いつもそんな感じですね。霊界を開放できるように頑張ってます。
yoshio
2013/10/20 07:08
そんなすごいことをいつから奉仕されていたのですか?
うちには猫がいまして、たいがいなにか背中に乗っけて家に戻るとヒステリックに暴れ、その様子から私が連れて帰ってきたのだと、理解していました。私は連れて帰らないようにするのが精一杯で"解放"何て、とんでもない話です。この手の話も、また楽しみにしています。
優子
2013/10/23 15:58
 もう30年ぐらいになるでしょうか?私の背後の霊も変わりました。先祖供養も良い行為ですが、願わくは開放してあげたほうがいいとおもいます。悪霊を退けるのも守るためには仕方がない行為ですが、その悪霊は悪い思いを私達にさせるしかないので、同じ思いが必ず来ます。あちこち歩きまわるとそんな霊がいっぱいくっついて来るので大変ですが、私がその様な思いを感謝して越えると、ありがとうみたいに開放されるのでしょう。

 私は肉体もっている人間と肉体のない霊人の関係を知ってます。そして肉体がある大切さもわかってます。人生は短いですが日常の普通の生活をしながら、見えない世界では霊人を開放できるように努力している毎日です。

 山にこもってとかも良いでしょうが、そんな時間もないし、日常の生活のほうがもっと効果的なんでそうしているところです。

 また記事にしますね。
yoshio
2013/10/24 01:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
非常に好評のオーブ写真 豊岡で写したもの オールドピューニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる