オールドピューニー

アクセスカウンタ

zoom RSS 人を憎まない方法

<<   作成日時 : 2015/01/30 13:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 人を憎んで怨みを持つことは人生においてかなりマイナスになると思ってます。一度しかない人生を如何に生きるかを私なりに考えていますのでご紹介したいと思います。多くの人々は宗教を通じて幸福に成りたいと思ってます。私が日本にいるときは、お婆ちゃん、母親、父親が良く仏壇でお経を唱えていました。ご先祖様を大切にすることも大切です。

 人を憎まないためにどうすればいいか?

 人生で傷つけられたりとか、騙されたりとか、大切なものを奪われたとか、信じたのに裏切られたとかいろいろありますが、そのような境遇に出くわした時に、人間は人に対して怨みを持ちます。怨みの対象は人です。自分が被害者になるわけです。

 加害者を自分の中で作り出して、自分が被害者になるのです。一旦被害者になったら何らかの償いをしてもらわないと、怨みが消えません。謝ってもらうとか、大切なものを返してもらうとか、何らかの償いをして貰わないといけないです。これが普通ですね。裁判所があるのはそれを法的に公平に裁いてもらうためでしょう。

 でも、恨みは消えないことが多いかもしれません。裁判で勝っても、失ったものが帰って来ません。償っても失ったものは帰って来ません。

 それで、自分の人生は暗く恨みで一生涯暮らすことになってしまいます。一度しかない人生がそれで終わってしまいます。

 ところで皆さんは死後の世界を信じますか? 私は死後の世界はあると確信します。私達の霊魂は一人一人の体と重ね合わさってます。物質は精神を作り出すことができません。物質が精神を作り出す考えは唯物思想です。私達は色々考えますね。色々思います。これが私達の肉体を重なって関係を持ちながら存在している霊魂です。

 肉体の寿命が切れれば、肉体を脱いで霊界に行くようになってます。

 人生の目的はこの霊界で幸福になるためです。生きている人生では怨みを残さないように、人のために尽くして、人の喜びの為にいきて、自分の人生を充実させます。

 人生は本当に短いものですね。私ももう50代の後半になりました。何のために生きてきたのかを考えさせられる年ではないでしょうか。

 怨みを残さないようにしておくことが重要だと思います。これは簡単なことではありません。でも、方法があります。それは加害者を造らないことです。何があっても感謝する心を失わないことだと思います。

 生まれて、手足のない人もいます。こんな自分を産んだ親を怨み、さらに神様を怨む姿が目に浮かびそうですが、でも、自分の使命、神様が与えて下さった使命を感じながら多くの人々に希望を与えている人もいらっしゃいます。

 感謝する心を失わなければ大丈夫だと思います。そして、人生の目的は霊界のためにあり、人生を如何に充実させて、人の為に生きることができるかによって決まるのではないでしょうか。

 この私達の生きている現実では、間違った思いを持っても、怨みを持ったとしても心を入れ替えることが可能です。心を入れ替えて、良き人間になれます。ところが霊界ではそれができません。ですから怨みを持ってしまったら、その怨みを果たすために、人に憑依して働きかけるしかない法則があります。

 これが霊現象です。訳のわからない事件として現れています。さらに、私達の生活の中でも日常でも起きていることなのです。

 心を入れ替えて感謝する生活が必要です。




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人を憎まない方法 オールドピューニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる